主体を持ち、
新しい未来を描いていける

デジタルTAKAZAWA.K2018年中途入社

Q1

卒業学部・学科

文学部・社会学科

Q2

どんな学生生活を過ごしたか

少年サッカーのコーチ、日本料理屋の調理場、宅配デリバリーとバイトを掛け持ちして、稼いだお金を飲み会や旅行で浪費していました…(笑)。
大学のゼミの先生が広告会社出身で、知人の会社でインターンや単発のバイトを経験させてくれて、広告業界へ興味を持つようになりました。

Q3

入社理由

広告代理業だけではなく、東京メトロの広告媒体社であり、媒体戦略などできる点に興味を持ちました。
今後あらゆる広告媒体でデジタル化が進みます。今はこれまでのデジタル経験を活かして、東京メトロ媒体の価値向上を図りたいと思っています。
あと、新規事業に積極的に投資している点も魅力的でしたね。

Q4

これまでの経歴

デジタル分野で、サイト制作や広告運用に携わっていました。
メトロアドでは単なるメディアバイイングではなく、コミュニケーション戦略あってのメディア戦略設計をしているので、プロデューサー視点で色々学ぶことができます。

Q5

担当したプロジェクト
これまでで一番印象に残っている仕事・プロジェクト

フランチャイズで全国展開している飲食の案件ですね。
私はデジタル分野ですが、クライアントの市況や戦略設計を鑑みて、PRとテレビCMからスタートしました。
意図した通り、売上につながりました。反響は大きく、フランチャイズ撤退を検討していたオーナーが継続されたり、インナーブランディングにもつながっているようです。

Q6

デジタル職の仕事について

デジタル職は、従来のインターネット広告やサイト・アプリ制作に留まらず、あらゆる分野のデジタル化に対応していく必要があります。主体を持ち、新しい未来を描いていける職種です。好奇心旺盛の方、単なる知識だけではなく、自らの見解を持つ方は向いている職種だと思います。

Q7

メトロアドで実現したいこと

首都圏にインフラや不動産を持つメトログループだからこそできることをやりたいですね。
新たな広告媒体の開発に携わったり、実際の案件運用を通して、業界でも際立つ事例を作っていきたいです。
大手の真似事ではなく、業界の中でも特異なポジションを築く会社になる当社の一翼を担えるように努めます。

My favorite Tokyo

いわゆるスマホ中毒者ですが、運動時は外部ツールを遮断します。ジョギング中にこの公園によく寄り、東京タワーを見上げながら、自分の頭だけで考えごとしています。

Q8

オフの時間の使い方

サッカー、ゴルフ、野球、サーフィンとアウトドアを楽しんでいます。
心身ともにリセットして、仕事の活力にしています。
上司や同僚と一緒に過ごすこともありますし、オフで意気投合した方々とのビジネスにもつながったりと貴重な時間ですね。

Q9

学生へのメッセージ

交通広告会社というイメージが強いかもしれませんが、デジタルをはじめ、各分野のプロフェッショナルが揃っています。大手と違い、良い意味で明確な分業化もされていないので、専門外の分野も含めた仕事が経験できます。

Create Next Tokyo.

あなたにとっての
Next Tokyoとは?

いる人も来る人も知る人も憧れのスマートシティへ

Other member’s