人の心を動かすコンテンツを創る

コンテンツINOUE.T2016年中途入社

Q1

卒業学部・学科

経営学部・経営学科

Q2

どんな学生生活を過ごしたか

伝統を極め、斬新な発想を体得するために「能楽研究所」で学び、実践という名目で世界20カ国以上をアルバイトしながら渡り歩いていました。特にフランスでは、ラーメン屋、折り紙や書道教室、日本語の先生、南仏のビストロのサーバーなど、様々な経験をしました。咄嗟の臨機応変の対応力はその時に培われたと思っています。

Q3

入社理由

前職では、広告代理店(ハウスエージェンシー、総合広告会社)、広告主(メーカー)と勤務していました。媒体社に興味を持っていたことと、世の中に何が貢献できるかと考えた時に、生活に欠かせないインフラ系の広告会社が次のステージとして最適解だと思い入社しました。

Q4

これまでの経歴

企画制作本部 SP部(現プロモーション部)に配属。元日本代表サッカー選手を起用した記者発表イベントなどOOHを活用した全国プロモーション、クリエイティブPRなどを担当。営業本部に異動後は、コミュニケーション戦略、新規事業を担当。WEBメディアやIP(知的財産)ビジネスの立上げを行いました。JAA主催「消費者に響く広告の創り方」登壇、広告電通賞、デジタルサイネージアワード、スパイクスアジア、JAA広告賞、日本空間デザイン賞、KADOKAWA広告大賞、東京屋外広告コンクール、ブルーアド日刊グランプリなど多数受賞。

Q5

担当したプロジェクト
これまでで一番印象に残っている仕事・プロジェクト

ラグビーワールドカップ日本代表選手を起用したアンビエント広告です。「大阪の道頓堀」「名古屋の栄」「福岡の天神」といった繁華街で、媒体化していないビル壁面やイベントスペースを活用し、トリックアートの手法を駆使したOOHプロモーションを企画しました。実施中に、新聞やテレビ取材が多数入り、イベントスペース上の造作物については、本来不要である屋外広告物申請を今回は提出してほしいと、役所から依頼があるほど話題となりました。

Q6

コンテンツ職の仕事について

メディアは発信する情報(=コンテンツ)が重要です。良質なコンテンツはメディア価値を向上します。そのコンテンツの一つとして、当社独自のIP(知的財産)を開発しています。このIPコンテンツと交通広告、スマホ、WEB、テレビ、リアルイベントなどを連動した多元展開を推進することで、エンタテインメント分野や新しいPR手法など、事業領域の拡大が可能となります。

Q7

メトロアドで実現したいこと

世界で愛される日本を代表するキャラクターなどのIPの創出と映画産業への進出が一番の目標です。それ以外には、Eコマース、ラジオ(音声)事業、既存のインバウンドの枠を超えた世界と日本をつなぐ事業、通販だけでなく飲食業といったリアル店舗運営など新規事業をローンチし、成功させていきたい。これは数年で実現出来ると思っています。

My favorite Tokyo

30年前にアルバイトしていた銀座の「居酒屋シエスタ」。タイタニック号が沈没した時代のフランス大統領の愛車のクラシックカー、フランスの古城から移設したステンドグラス、シャンデリアは幌馬車の車輪で灯りはロウソクなど、そのこだわりに衝撃を受けました。その当時から変わらないマスターとテーマパークのような賑やかな店内は銀座の名所だと思っています。

Q8

オフの時間の使い方

学生時代から茶道を嗜み、衣(ファッション)、食(グルメ)、住(不動産、インテリア)、書(版画)、酒(元ビール会社)、芸術(最近はU2と吉川晃司のLIVE参戦)、健康(ロードバイク)、思想など求められる高度な社交に一家言があります。つまり多趣味でありますが、最近は専ら「食」で、厳選食材で料理をし悦に入っています。

Q9

学生へのメッセージ

安定感を求める人も、ベンチャー精神あふれる人も、ポテンシャルを発揮できる場がきっと見つかります。今後拡大していくメトロアドの一翼を担いませんか。

Create Next Tokyo.

あなたにとっての
Next Tokyoとは?

世界に日本ブームを!イノベーション ジャポニスム!!

Other member’s