「なんでも屋さん」になれる仕事

ビジネスプロデュースYAMADA.R2021年新卒入社

Q1

卒業学部・学科

人文社会学部教育学コース

Q2

どんな学生生活を過ごしたか

ゆるくアルバイトとサークルをやりつつ、休日は友人とカフェに行く。かなり普通&インドアな学生生活でした(笑)
アルバイトはコールセンター、サークルはフリーペーパー制作を行っていました。

Q3

入社理由

なんでもできそう!という漠然とした理由で広告業界を志望しました。その中でも、東京の生活に根付いている東京メトロを活かした仕事ができること、そしてハウスエージェンシーの安定感に魅力を感じて入社を決めました。

Q4

これまでの経歴

2021度入社でビジネス開発局ビジネスプロデュース部に配属されました。配属されてからの半年間はほとんどすべての案件に携わりながら知見を深め、ミドルオフィスとフロントオフィスのどちらの動きも経験することができました。

Q5

担当したプロジェクト
これまでで一番印象に残っている仕事・プロジェクト

現在運営中のジャムムのInstagramです。何気ない会話中にぽろりと言った「ジャムムのインスタやってみたいです」という私の発言を、「じゃあやってみなよ!!」とすぐに実行に移させてくれました。一人でインスタの企画・撮影・投稿までを任せてもらえることは、大変ではありますがとてもやりがいを感じます。まだまだフォロワーは少ないですが、楽しみながら運営していきたいです。

Q6

ビジネスプロデュース職の仕事について

一言で言い表すと、「なんでも屋さん」になれる仕事です。広告に携わることはもちろん、着ぐるみの中に入ったり、カレーを作ったり(笑)
メトロ媒体に依存しないコンテンツを生み出す部署でありながら、コンテンツを生み出すことでメトロ媒体の価値を向上させることができる部署でもあるので、総合広告代理店とハウスエージェンシー双方の役割を実感できています。

Q7

メトロアドで実現したいこと

東京の中心にリアルメディアを持っているという強みを生かし、ワクワクするような体験を生み出したいです。
メトログループは、交通インフラだけでなく不動産も持っており、ロケーションビジネス領域に大きな可能性を秘めています。メトロアドがその一翼を担い、ワクワクできる体験を提供する空間そのものをプロデュースしたいです。

My favorite Tokyo

明治神宮前(原宿)
東京に出てきた当初、「原宿」という響きだけで心が弾んだ記憶があります。流行の最先端であり、日本のポップカルチャーが根付く街。今もなお、原宿に行くときはメイクも服装も気合いがはいります。

Q8

オフの時間の使い方

オフの日はゆっくり家で過ごすことが多いです。お昼は地球星カレーを食べ、夕方は紫茶を飲んでほっと一息つきます。このカレーとお茶はお気に入りなので、ほとんど毎日口にしています。ちなみにアーバンライフメトロのECサイトで購入できますよ。あとは、友達とLINEをしていることが多いです。ジャムムのLINEスタンプを使うと、なにそのかわいいキャラクター!と好評で盛り上がるのでオススメです。

Q9

学生へのメッセージ

就職活動は不安なことや辛いことが多いと思いますが、自分自身に向き合える良い機会でもあります。前向きに挑戦する姿勢と熱意は必ず伝わると思います!ぜひメトロアドに興味をもっていただけると嬉しいです。

Create Next Tokyo.

あなたにとっての
Next Tokyoとは?

挑戦と変化と刺激が交錯する街

Other member’s