東京メトロの新しいグランドサービスを認知させ、
集客、利用を促進する広告を企画、制作。東京メトロ・PASMO活用ポイントサービス「メトロポイントクラブ」

東京メトロは、2018年3月より新しいポイントサービス「メトロポイントクラブ(愛称 メトポ)」を開始しました。
ICカード「PASMO」で東京メトロ各線に乗車すると、運賃や電子マネーとして活用できるポイントがチャージされます。ポイントが進呈されるのは、定期区間や企画乗車券以外での乗車。貯まったポイントは10P=10円単位で、多機能券売機でのチャージが可能です。
クレジットカード「To Me CARD」会員限定のポイントサービス「メトロポイントクラブplus」とは別に、メトロポイントクラブは、To Me CARD会員でなくとも事前に登録したPASMOのチャージ金額を利用して乗車すれば、乗車日数や回数に応じてポイントを獲得できます。
このメトロポイントクラブの認知、集客、利用促進をするための各種媒体での告知、および問い合わせ対応などの業務を、メトロアドエージェンシー(以下メトロアド)は、手がけました。
この案件に関わったメンバーが、当時を振り返ります。今まで手がけたことのない規模のプロジェクトを進めるうちに生じた課題を、メトロアドはどう乗り越えていったのでしょう。

営業

2003年中途入社

プロジェクトリーダーとして全体を統括

企画高野

2016年中途入社

クリエイティブディレクターとしてクリエイティブを統括

企画福田

2017年中途入社

アートディレクターとしてデザイン制作を担当

営業高澤

2018年中途入社

デジタルストラテジストとしてWebコミュニケーションを設計

Create Next Tokyo.