目に見えない相手ではなく、
この東京にいる人たちへ伝える。

企画FUKUDA.T2016年中途入社

Q1

メトロアドエージェンシーへの⼊社理由は?

東京を支えるインフラである東京メトログループの広告会社なので、目に見えない「マス」相手でなく、自分の居るこの東京で、目の前を通り過ぎるこの人やあの人に伝える仕事を多く扱っているのが一番の理由です。

Q2

現在の仕事内容は?

主にアートディレクター、時にクリエイティブディレクターとして広告・宣伝の企画・制作業務を担当しています。
東京メトロのみならず、様々なクライアントのコミュニケーション課題を解決するためのクリエイティブ企画を提案しています。交通広告の枠に捉われず、幅広い提案を心掛けています。

1日のスケジュール

9:20

出社

1日のスケジュールを確認し、メールチェック

10:00

会議

ワーキングメンバーとのブレストをします

11:00

アイデアを企画書にまとめます

12:30

ランチ

17:00

印刷物の色見本を確認します

18:00

退社

明日の予定を確認し、デスク周りを整えて業務終了です
Q3

仕事のやりがいは?

鉄道会社のサービスや取り組みを広告物で利用客へ伝える際、どうしても内容か硬くなってしまいがちです。そういった難しい話=積極的に読みたいと思わない話を、企画の力でユニークに伝えることができた時は達成感を感じます。

Q4

一番印象的だった仕事について教えてください

ある鉄道会社の新サービスのローンチキャンペーンを獲得したことです。
一目でサービス内容がわかる私達の企画は、クライアントに相当気に入っていただけたそうでとても嬉しかったです。
実は僕自身の地元がその鉄道の沿線沿いにあります。地元の仲間にこのキャンペーンに携わった話をすると皆一様に喜んでくれました。クライアントのサービス告知ですが、地元に少しでも貢献したような、なかなか経験できない貴重な体験でした。

Q5

メトロアドエージェンシーでこれから実現していきたいことは?

今まで扱ったことのない業種のクライアントとの案件。新しいことにチャレンジしたいです。

Q6

ストレス解消法は?

長い距離を走るのが好きなので、ジョギングしてストレス発散しています。