交通広告の強みと、人柄に惹かれて。

営業MASUDA.K2017年新卒入社

Q1

メトロアドエージェンシーへの⼊社理由は?

東京メトロという地下に設定された広告により、天気に左右されない交通広告が提供できることによる様々な特殊展開ができるという点と、面接時に感じた働いている方々の人柄です。
私はもともと交通広告に携わる仕事をしてみたくて、広告代理店に絞って就職活動をしておりましたが、上記2点がこれからの広告業界で大きく活躍できる可能性がある会社であると感じ、また、自分も一緒に働いてみたいと思ったからです。

Q2

現在の仕事内容は?

営業が受注した交通広告の売買を行っています。
場所は問わず、全国の交通媒体を扱います。
仕入れの際は、媒体の空き状況などにより、価格交渉などといった交渉もし、納品管理などしています。クライアントは主に広告代理店です。

1日のスケジュール

9:20

出社

1日のスケジュールを確認し、ポスター配送の確認・手配をします。

10:00

メールをチェック。資料手配などを行います。

12:30

ランチ

16:00

資料作成・広告の申込等。メディアプランの交渉などを媒体本部と行います。

18:00

退社

明日の予定を確認して、お仕事終了です。
Q3

一番印象的だった仕事について教えてください

エンタメ系のクライアントが、ある駅の媒体をジャックする案件があり、外部との連携が非常に困難でした。
トラブルが続いてしまいましたが、1年目の時にその調節を対応することによって、会社組織の仕組みや、仕事の報告・連絡・相談の大切さを学んだ仕事でした。

Q4

メトロアドエージェンシーでこれから実現していきたいことは?

現在、Web広告の中でも、交通広告の媒体価値の見直しをご検討いただくクライアントも増えているため、交通広告そのものの価値を上げるべく、様々な施策にチャレンジしていきたいと考えます。
特にWeb広告との連動などの実証実験なども積極的に挑戦していきたいです。

Q5

いま一番興味のあることは?

DOOH(屋外デジタル広告)の今後についてです。
インターネットを利用する人しかいない現代社会において、オンライン×オフラインにて提供していくコミュニケーション活動が増えていくからです。
特に、東京は超高齢化社会を迎えるため、外国人労働者の比率も高まり、様々な文化が入り混じるため、今後どのような展望を迎えるのかが気になっています。

Q6

学生の皆さんへのメッセージ

ハウスエージェンシーとしては、東京メトロ媒体という非常に価値の高いものを扱える楽しさがあると思います。
東京メトロ媒体を基盤に、交通広告に限らず、Web広告や、DOOHの実証実験などにも力を入れています。
みなさんも一緒に、これからの広告を作っていきましょう!